結婚相談・晩婚化・未婚化・少子化対策|結婚のご相談なら大阪のNPO法人婚活支援の会 大阪府梅田・大阪・難波・心斎橋・京橋・天王寺・大阪市内

婚活支援の会|結婚相談・結婚のお手伝い

NPOとは
トップページ > NPOとは

NPOってなんですか?

 NPO(エヌ・ピー・オー)は、Nonprofit Organizationの略で、ボランティア団体や市民活動団体などの「民間非営利組織」を広く差します。
つまり、株式会社などの営利企業とは違って、「利益追求のためではなく、社会的な使命(ミッション)の実現を目指して活動する組織や団体」のことです。 
 社会の様々な課題に対して、見過ごすことが出来ない、待ってはいられないという思いや志をもった個人が集まり、
自らやるべきことを発見して行動し、実現しようとする組織や団体、それがNPOです。

NPOとボランティア、どこが違うの?

 どちらも「自主的、自発的に様々な社会貢献活動を行う」という点ではおなじですが、「ボランティア=個人」、「NPO=組織、団体」といったイメージです。
つまり、ボランティアは、個人が個人の責任の範囲で活動を行うのに対し、
 NPOは、目的達成のために運営ルールをもち、組織的、継続的に活動を行うといった違いがあります。 
したがって、NPOがボランティアより優れているとか、偉いと言うことではなく、
活動していく中で組織化し、NPOの方向に進むのか、個人としてのボランティア活動を選択するのかにすぎません。 
 なお、NPOはボランティア活動から発展するものが少なくありませんが、
最近では、当初からはっきりとした社会的な使命、目的を掲げ、組織化し、NPOを立ち上げるケースも増えています。

非営利ってどういう意味?

 NPOは、「営利を目的としない組織」のことで、この「非営利」という言葉からは、
対価を取らずに無償で活動を行うといったイメージがありますが、決してそうではなく、端的に言えば、「利益を分配しない」という意味です。 
 NPOの場合は、組織的に継続して社会的貢献活動を行うため、いかにして活動資金を確保するかが重要な課題になります。
このため、会費や寄付金だけでなく、有償の活動も重要です。例えば、有償のセミナーやイベントを開催したり、
最近では高齢者福祉の分野などでの有償サービスも増えています。
 また、財政基盤の強化のために、本来目的の活動や事業とは別に、利益を得ることを目的として収益事業を行うこともあります。 
つまり、NPOは収益活動も出来ますが、その使途は使命実現に向けた活動にしか支出しない組織だともいえます。
 株式会社などの場合には、利益が出たら株主に配当という形で分配しますし、たとえ利益が出なくても、利益追求を目的とする組織だから営利組織となります。
一方、NPOの場合には、たとえ剰余金が発生しても団体の関係者で分配するのではなく、
次の活動や事業に投資するなど、使命実現を志向する組織だからこそ非営利組織というわけです。

↑